2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONY Reader Touch Editionを買いました

お久しぶりです。モバイル関係はmbook m1が安定しすぎてて書くことあんまりなかったのですが、SONY Readerを最近買いました。

去年の12月に夫がSONY Readerの5インチのPocket Editionを買いまして、それ以来電子書籍リーダーに興味はあったんです。

一時欲しいなって思ったこともあったんですが、その時、Reader Storeやそれ以外の電子書籍販売サイトを見て、そのラインナップの少なさと書籍の探しにくさに絶望し、時期尚早だなと諦めていました。

そんな折、3月の地震の際に本棚から落ちまくった本を見て、夫が自炊をしようと決意したらしく、定番のScanSnap S1500とカール事務器 ディスクカッター DC-210Nを購入し、自炊を始めたのでした。

で、5インチの画面でどう見えるのか見せてもらって、これなら6インチならコミックスもばっちりだろうと思ったので、4月の始めに6インチのTouch Edition(色はもちろん赤!(笑))と専用カバー(もちろん色は赤!)を注文したのでした。専用カバーはライト無しです。

110416_203027.jpg
カバー付けた本体開くとこんな感じ。

110416_203009.jpg
カバー閉じるとこんな感じ。(相変わらず写真のクオリティ低いなぁ……)

110416_202946.jpg
サイズ比較ということで、とりあえずPSPと比較してみた(笑)。PSPももちろん赤です。それにしても、VAIOのタッチパッドのボタンは剥げすぎだ。あっという間に黒ずんでしまって、今やこんなになってますよ(^_^;)。


Pocket Editionに比べたらやっぱり大きいですが、本体215gにカバーが92gですから307gですね。
mbook m1とほとんど同じ重さってことですね。
今、私の通勤鞄にはmbook m1とReaderとウォークマンが入ってます。道理でちょっと重い訳だ(^_^;)。


まあ、それはともかく、Reader購入をきっかけにせっせと自炊しています。

アイロンで糊をはがして、分割してから、ディスクカッターで端っこを切り取って、SacanSnapでスキャンします。

設定はスーパーファイン(カラー/グレー:300dpi、白黒:600dpi相当)でカラー自動判別で両面読み取りで読みとって、PDF形式で保存してます。
圧縮率は3です。

で、それをChainLPでReaderの解像度に合わせてファイルを変換してReaderに保存してます。


コミックスも文庫も新書も良い感じに読めるので、コツコツ自炊しているところですが、やっぱりすっごく大切な本は断裁できないですねぇ。
紙の本も残しておきたいから自炊用にブックオフで中古をもう一式買ったりして、なんか本末転倒な感じ(^_^;)。


コミックス一冊を上記の設定でスキャンするとだいたい一冊あたり80MB~100MBくらいの容量になります。
これをChainLPでReader用に最適化すると20MB~30MBくらいになる感じです。

文庫は本によってページ数とか文字の数とか全然違うので、容量の差が大きすぎるなぁ。
ChainLPで余白を削るとかなり読みやすくなります。

110416_202844.jpg
こんな感じになりますよ。十分読めますよね!


電池はすっごくもちます。自炊した本を転送したりしながら結構PCと接続してるので、電池なくなって困ったという目にあったことはまだ全くありませ。1メモリくらいしか減ったことない。
目は全然疲れません。読んでる感じはほとんど紙の本です。さすがe-インク。
白黒なので、表紙やカラーイラストもグレースケールになってしまうのが残念ですが、グレースケールでも結構綺麗な感じに見えます。

ページめくりは画面にタッチが嫌いな私なので、左下のボタンでやっていますが、片手で持って読んでいても十分いボタンでページめくりができるので、通勤電車で立ったままでも片手で読むことができます。
覗き込まれるとちょっと恥ずかしいものは電車の中では読みませんけれど(^_^;)。


で、夫はコツコツ自炊を続けていたらPocket Editionの本体メモリをほぼ使い切ってしまったそうです。
Pocket Editionは外部メモリないので、どうしよう、Touch Edition欲しくなってきたと言っていたので、贈ってなかった去年の誕生日プレゼントと今年の誕生日プレゼント前倒しでTouch Editionの黒と専用黒カバーをプレゼントすることにしました。
と言う訳で、4月に2台Touch Editionを注文した私です。6日に届く予定なので、楽しみにしていて下さい>夫。

mbook m1もウォークマンもReaderも夫が先に買って「良いよ」って言ってなかったら買ってなかったと思います。家庭内人柱な夫がいてくれるので、買う前にいろいろ検討できてすごく助かってますよ。
しかもmbook m1もウォークマンもReaderも全部私の機種の方が夫の機種よりスペックが上なんだ(笑)。
人柱で確認してそれより良いの買うって……なんか酷すぎる気がする。


さてさて。
Touch Ediionは本体メモリとSDとMSが使えます。SDとMS同時に使えるし、書籍一覧にも本体、SD、MSとシームレスに表示されるので良い感じです。SDカードに入っているものはタイトルの下に「SD」、MSに入っているものには「M.S.」と表示されます。
とりあえず以前PSPに使っていたけど容量不足になって使わなくなった2GBのMSが余っていたのでそれを入れてみました。やった、もう容量2倍だ!(笑)
SDは256MBのものしかあまりがなかったので、そのうち32GBのSD買っちゃおうかなって思います。そうすれば広大な電脳書籍空間が広がって自炊し放題だぜ!

と言う訳で、Reader Touch Editionは買って良かった!!

でも、電子書籍市場は全然駄目駄目なので、自炊しないとしんどいです。
本の品揃えが少ないっていうのもありますが、販売サイトの検索方法とかが、もう全然駄目。
本が好きな人が考えてないだろって思います。
くくりが大ざっぱ過ぎるんだよ。ジャンル「文学」とか酷いから。いちいち探してられるかっ!
作者ごとに探せたりするサイトもありますが、もっと細分化して、ジャンルの中で作者別とかも探せるようにしないと本は見つけられないと思うんだ。

「この本が買いたい」って探すならタイトルや作者名で検索できるかもしれないけれど、この作者の新作なんかあるかなぁとか、このジャンルでなんか良いのあるかな……みたいな本屋をぶらぶらしているうちに「あ、これこれ」って発見して本を買うような感覚で買い物ができる電子書籍モールがないと駄目だ。
あと、コミックスはReaderで対応してない形式のものが多いのでしょんぼりです。


スポンサーサイト

Bモバイル使用状況

久々のBモバイル使用状況ですが、もう残り時間が一桁です。

残り時間:6時間 19分
ご利用開始日:2009年09月12日
ご利用終了日:2011年01月04日

使用時間はざっくり144時間とします。

使い始めが9月12日で、今日が8月10日、332日目。


144時間÷332日=0.43時間/1日
150時間÷0.43時間=348日

来週はお盆でモバイル使うので購入済みのライセンスをこれから反映しようと思います。
ちなみに50時間ライセンスにしました。
秋にオフィスが移転すると通勤電車で使えない区域が増えるのでとりあえず様子見です。

Bモバイル使用状況

Bモバイルのユーザページ、しばらくアクセスできなかったのですが(アクセスには電話番号が必要なんですが、ずっと入力しないでもデータが残っていたのかアクセスできていたところが、電話番号の入力を求められちゃってBモバイルの箱を探すのに時間かかりました)箱を夫に天袋から出して電話番号ひかえたのでようやく使用状況を確認できました。

と言う訳で、Bモバイル使用状況

残り時間:41時間 32分
ご利用開始日:2009年09月12日
ご利用終了日:2011年01月04日

使用時間はざっくり108.5時間とします。

使い始めが9月12日で、今日が6月15日だから、276日目。


108.5時間÷276日=0.39時間/1日
150時間÷0.37時間=384日

おお。もう3分の2は使ったんだなぁ。でも、まだまだ余裕ありますね。
150hours使い切ったら時間追加する予定です。使い勝手いいんだもん。

CX3撮影例

CX3で撮影したデータ、どうやってアップしようかなぁと思っていたんですが、そういえばフォト蔵微妙に利用してるじゃん、あれなら大きいサイズのままはれるじゃんということに気付いたので、フォト蔵にアップしたものをリンクしておきます。

サムネイルクリックするとフォト蔵の個々の写真の掲載ページに飛びます。個々の写真のページにいって、更にその写真をクリックすると、いろんなサイズで見ることが可能です。
参考になるのかわからないですけれど、Exif情報なども見ることができます。

ちなみに被写体はうちの庭の花。

あ、ユーザ名がゆうきゆうきじゃないけど、気にしないでください。りあらりんってのもちゃんと私ですから。

posted by (C)りあらりん

デジカメ買いました:リコー CX3(スミレ)

えー、デジカメ買いました。

本日、先月生まれた甥っ子の顔を見に義弟の家に行ってきたのですが、お祝い買ったりしたついで、ビックカメラで実機を触ってみまして、やっぱりリコーのCX3が良いなということになって、購入しました。
色は、実機見る前はツートンかなと思ってたんですが、ツートンのピンクの部分が思いの外どぎつい色で、好みの色合いではなかったので、スミレにしました。真っ黒でも良かったんですが、スミレの方が女性っぽいので良いかなぁと。

デジカメに液晶保護シートって今まで貼ったことなかったんですが、CX3の液晶すごく綺麗らしいので傷ついたらしょんぼりするかもと思って、ハクバのデジタルカメラ液晶保護フィルムも一緒に購入して貼りました。
いや、貼りましたっていうか、例のごとく液晶保護シートは夫に貼ってもらいました。いつもどんなデバイスでも保護シートは夫にお願いして貼ってもらってます。

WEBでいろいろ情報を見て回ったところ、バッテリーがあんまり持たない……みたいな話でしたが、そうは言っても200枚以上は撮れるので困る場面はほとんどないだろうなと思って予備バッテリーは購入せず。
多分、一番たくさん撮影するのは運動会だと思うので、運動会がOKなら予備バッテリー入らないよなぁ。
LUMIXは確か予備バッテリー買いましたが、先代のEXILIMは予備バッテリー無しで困らなかったので多分大丈夫だろうと思ってます。
でも、充電しようと思ってパッケージから取り出した充電池が思いの外小さかったので、これは電池持たない可能性もあるなと思いましたよ。
まあ、運動会には一応呼びでEXILIMも持って行っておけば大丈夫だと思います。うん。

メモリカードについても、一応8GBくらいのクラス10のSDHCカードを買っても良いかなと思ってはいるんですが、ネットの方が多分安いだろうと思って保留。とりあえずEXILIMで使ってた2GBもあるし、LUMIXで使っていた1GBもあるしね。ところで、中途半端な16MBのSDメモリとか256MBのSDメモリとかどうすりゃいいんだろうねぇ(笑)。

本体もネットで買ったらもっと安いところはありましたが、欲しかったから良いんだ。

とりあえずバッテリー充電中で出来ることないので、EXILIM ES-Z200との比較写真。
例のごとく、SH-06Aで適当に撮りました。相変わらず写真のクオリティが低いぜ。そして、トリミングも適当にやったからサイズがまちまちだぜ。まあ、良いか。
付属のハンドストラップ付ける前に撮影したのでストラップ無しですなー。

比較表
表側はこんな感じ。やっぱり明らかにCX3が大きいです。
CX3の表面右側が加工してあって、持つとき滑らなそうで良い感じです。

比較裏
裏側はこんな感じ。
EXILIMは2.7型のワイド液晶で、CX3は3.0型の液晶。ドット数は圧倒的にCX3の方が多いです。3倍くらい。
写真ではあんまりサイズ変わらないように見えますが、CX3の液晶は黒い部分全部液晶画面ですが、EXILIMには黒い外枠がついているので、実際にうつる画面はEXILIMはもう少し小さいです。


比較上
で、上から見て比較するとこんな感じ。
明らかにCX3の方が分厚い。

重さはEXILIMが電池や付属品含まないで約119gなのに対し、CX3は約185gなので結構違いますね。やっぱり本体も一回り大きいしね。
結構重いなぁと思って使っていたコニカのRevio KD-410zが付属品なしで200gだったので、Revioに近い重さだと思ったのは間違いではなかったようです。

ただ、Revio使っていた頃って、息子がもっと小さかったから今よりずっとカメラを持ち歩いていた頻度が高かったし、息子の荷物が重かった頃なので、今回は重さは重視しなかったんだ。

振り返ってみると、IXY DIGITAL(2台目に買った200万画素のやつ)も本体のみ190gだったらしい。まあ、許容範囲だ。

バッテリーの充電終わらないんでとりあえずこれ以上何もできないー。
新しいデバイス買うと、なんだってウキウキだよねー。


バッテリーの充電が終わって、ちょっとだけ撮影してみて、液晶の比較がわかりにくかったので、両方電源オンの状態にしてみた。
こんな感じ。結構大きさ違いますねー。
hikaku-on.jpg
でも、写真が雑すぎて手前のCX3がより大きく見えている気がしないでもない。

«  | HOME |  »

プロフィール

ゆうきゆうき

Author:ゆうきゆうき
キーボード付モバイル端末をこよなく愛するゲーマー奥さんことゆうきゆうきです。
愛用のモバイル端末には、カスタマイズが満足の域に達すると「先生」の名を授けます。

【今まで使ってきたモバイル端末達()内は通称】
HP200LX(200LX先生)
HP620LX(620LX先生)
jornada720(jornada先生)
Linux Zaurus SL-C760(リナザウ先生)
Linux Zaurus SL-C860(借用リナザウ先生)
hTc Z(Z先生)
HT-01A(PRO、不憫な子)
mbook m1(m1先生)
Xperia pro(Xperia先生)
BlackBerry Q5(Q5先生)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

インスタントショップ

XBOX360

Twitter

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。